どの種類も形がほぼ同じ着物は、その柄や紋の数で、格式が決められている。
自由に楽しめばいいとは言うものの、基本的な知識はしっかり踏まえておきたい。
   
振袖は未婚の女性の第一礼装。未婚者ならではの若々しさを表現するため、着物全体に華やかな色柄があったり、染め・絞り・刺繍などがほどこされているものが多い。柄ゆきによっては、結婚後に袖を短くして訪問着として着ることもできる。もっとも最近では、自由な発想で、結婚した後も可愛らしい振袖を楽しもうという人が増えてきている。   ミス・ミセス共に、第一礼装に次ぐ着物。衿から肩、裾にかけて、縫い目で柄がつながった絵羽と呼ばれる華やかな模様が特徴だ。白い生地の段階で一旦着物の形に仮仕上げをほどこし、それから柄のデザインを入れていく職人の手間のかかった着物である。結婚披露宴やパーティー、お茶会など、正式な場所で着こなせる。   こちらはミセスの第一礼装。結婚式の披露宴などでよく着られるもの。黒地で裾に模様があり、日向の五つ紋である。衿や裾を重ねたような比翼仕立てが一般的。紋は略式にしたりオシャレ紋を用いたり、幅広く応用して楽しめるのものではあるが、この黒留袖だけは、日向の五つ紋という基本ルールをくずさずにしたい。
         
   
   
気軽な社交着と考えよう。難しいのは訪問着との区別だ。衿部分に模様がなく控えめな柄が付け下げ。またこちらは訪問着と違い、反物になっているものを着物に仕立てる。ただ、出来上がると訪問着と区別がつきにくいほど華やかなものもある。訪問着ほどあらたまることのない席や、観劇、華美ではないお茶会などに向いている。   黒以外の色に染めたもので、基本的に柄はない。いろんなパターンにより、着用範囲が広く、長く着れる着物なので、ひとつあると便利だ。一つ紋を付ければ準礼装に、三つ紋以上なら紋のない訪問着よりも格上に、また地味な色なら黒帯を合わせれば略式喪服にもなるスグレモノなのだ。また最近では地紋に意匠をこらしたものも人気。   街着や普段着に向いている着物。料理屋さんの女将さんなどがよく紬を着ている。紬は全国に産地があり、結城や大島に代表される手のこんだ絵絣模様、縞や格子、絣柄など、素朴な風合いを持っている。絹のほかに、木綿、麻、ウールなどの素材もある。着方によっては、粋な着こなしができる着物でもある。
         
   
   
小さな柄が着物全体に染め上げられたもの。お稽古やお買い物、観劇など、気軽に街着として幅広く着れる、身近なオシャレ着物である。ちょっとしたお出掛けから、パーティー、晴れやかな席まで、オールマイティーに使える着物なので、ぜひ一枚は持っていたい。ただし、準礼装の格がある江戸小紋、よそゆき着物の友禅小紋などもある。   絵羽や小紋柄の羽織はカーディガン感覚で、オシャレ着として小紋や紬の上に羽織る。羽織姿はあまり見られなくなったが、粋な感覚を活かして積極的に羽織のセンスを取り入れたい。   格式の高い着物には、羽織ではなくコートを着る。防寒とちり除けを兼ねたもので、道行きコートと呼ばれている。また雨の日の雨除け用には裾が着物と同じ丈の雨ゴートがある。


Copyright(C) tachiichi co, ltd.
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.