夏の浴衣は、どうしても汗をかくので、一度着たらすぐにキレイに洗いたいもの。絹の着物と違って、浴衣は綿なので、自宅で気軽に洗えるということをご存知かな。洗い方はコツさえ覚えればカンタンなので、是非試してみよう。浴衣の洗濯の基本は手押し洗い。きちんとたたんで手で洗えば、型崩れせず、シワも付きにくいので洗濯機で洗うよりかえってカンタン。
使用する桶などの大きさにあわせて、浴衣をきちんとたたむ。きちんとたたまないと型崩れやシワになりやすいので注意。浴衣によってはまれに、色落ちするものもあるので、何着も重ねて洗うと色移りの危険がある。洗うときは一着ずつ洗うのが安全。
 
浴衣がひたるほどたっぷり水をためた桶に、30分程度ひたしておく。洗剤をいれなくても、自然に汚れが水の中にしみ出てくるので、浴衣の洗濯は洗剤を使わないようにすること。桶がなければ浴槽や洗面ボウルに水を張って浴衣をひたしてもいい。たたんだ浴衣が入れば何でもOK。
 
手で軽く押し洗いをするだけで汚れが出てくる。水が汚れたら捨てて、新しい水で押し洗いを2〜3回繰り返す。(30分ひたすのは最初だけでよい)汚れが出なくなったら選択は完了。シャキっとした感じに仕上げたければ、市販のノリ剤を使ってみよう。
 
洗った浴衣はかるく押さえて水をきり、たたんだ状態のまま、すのこやバスマットなど、平らな板の上で水をきる。しぼるとシワがよってしまうのでしぼらずに、板を少しナナメに立て掛けられれば、より早く水がきれる。(たたんだままネットに入れ15〜20秒程度、軽く脱水機をかけてもOK)
 
着物用ハンガーか、なければ物干しざおに、浴衣の左右の襟がピンとはるように掛け、平手ではさみこむようにしてたたき、シワをのばす。日陰やお風呂場などで完全に乾くまで陰干しする。よく晴れた日なら半日で乾燥し、アイロン掛けが必要ないほどキレイに仕上がる。

高価な絞りの浴衣や、特殊な加工のものなど自分で洗うのが心配な場合や、長期間保管する場合には、一度呉服店にお持ちすることをお勧めします。
上記の方法では特殊なファンデーション、油性の食べこぼしなどの汚れは落ちません。そのような汚れが付いた場合には呉服店にお持ちください。


【花矢の字結び】
半幅帯で、華やかな印象の結び方。ユカタでも気軽なパーティーなら出席OKなので、ビビッドな色の半幅帯を選んで、出掛けてみよう。
(半幅帯とは、帯幅14〜15cm、長さ380〜420cmの帯のこと)
     
1. 手先の幅を二つ折りにして、手の長さを60〜70cmとり、胴に二巻きする。たれを上に結び、タレ先を長めに残して(50cmくらい)引き抜いておく。
 
2. たれを片方に「く」の字型になるように折り曲げる。
 
3. 手先を折り曲げたたれの中に差し込むようにして入れる。
 
4. リボンと同じ要領でギュッと結べば出来上がり。

【貝の口結び】
半幅帯を用いて背中がスッキリとまとまる結び方。夏祭りや気軽なお出掛けなどにピッタリ。ユカタだけでなく、気軽な普段着の着物にも応用できる結び方なので覚えておこう。
   
1. 手先の幅を二つ折にして、手の長さ分(帯幅×3を目安に)を残して胴に二巻きする。
 
2. たれの長さを結び目をつくる位置から手先と同じ寸法にはかって結ぶ。多い分は折り込んでから結ぶ。
 
3. たれを斜め下の手のある方に折り上げる。
 
4. 手先を折られたたれの中に折り込んで出来上がり。

【リボン結び】
男性が用いる兵児帯を大胆にユカタに使ってしまった、いわばアイデア結び。結び方は超カンタン!いわゆる普通のリボン結びをするだけ。粋でいなせな感じを演出したいう時にピッタリだ。
   
1. まず帯を胴に二巻きし、普通のヒモのように結ぶ。
 
2. 片方の手先を折り曲げて輪をつくる。
 
3. もう片方の手先を(2)に巻き付けるようにまわす。
 
4. 普通のリボン結びと同じ要領で、しっかりと結べば出来上がり。
 

Copyright(C) tachiichi co, ltd.
All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.